2009年11月07日

殺してもいい命





ドラマに映画にと話題になった「アンフェア」の原作
シリーズ第3弾です。

映像版は映像版で好きなのですが
あちらのシリーズは
脚本を書いた佐藤嗣麻子ちゃんの
ほぼオリジナルストーリーと化していて
原作とは、全く別の道を歩いて行ってしまいましたぴかぴか(新しい)
(でも、そこも好きですけど揺れるハート

とまあ、そんなワケで
映像版とは違うアナザーワールドで
(まあ、元はと言えばこちらが本流ですが)
雪平も安藤も実に元気にやっております。


以下、少しだけネタバレ

今回、おいおいと思ったのは
何と言っても
最初の殺人の犠牲者が
雪平の元ダンナ「佐藤和夫」であったこと。

お父ちゃんが、あんな殺され方をするなんて
美央はこの先どうすんねんexclamation
みたいなあせあせ(飛び散る汗)

そして、やっぱり安藤は
雪平に惹かれてゆくのですね黒ハート
これは予想通りの展開でした。
(安藤は、映像版のイメージが強すぎて、どうにもこうにも瑛太の影から抜け出せませんが・・)

話運びは、相変わらず巧みです。
今回、途中でオチをどうこう考えずに読み進めた関係もあって
落としどころには、結構「ほほぅー」と唸らされてしまいました。

しかし、あの後どうなっちゃうのよ、一体。
続編、書くんですよね>秦さんexclamation×2

っていうか、あれではすっきりしないので(笑)
第4作目
お願いします。

思わず、暗くなった(ページが黒くなった)後が落丁してるのかと
探してしまいましたわあせあせ(飛び散る汗)

えぇ、どうなったんだ美央。

気になる。
posted by よみよみ at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。